これいつかは作りたかった!お話

これ、作りたかったんです。

昔、アメリカのポートランドで購入したペンドルトンのブランケットホルダー。

ずっと、お店の片隅にブランケットと同じく飾り物になってました。

それを見たお客様、売って欲しいと何十人て言われたことか!

売り物ではありませんってね。

で、満を持してあのイテゥアイスに作っていただきました。

使用している革は、イタリアのトスカーナ州にある名門タンナーCONCERIA800社で製造されているイタリアンショルダーです。

タンニン鞣し一筋のタンナーで、トスカーナ地方の伝統的な技法であるバケッタ製法を用いることで広く知られています。

バケッタ製法とは、植物性タンニンで時間をかけて鞣した革に、牛骨などを煮沸して採取した純度の高い「牛脚油」を時間をかけてゆっくりと加脂していく、時間と手間のかかる製法です。この製法で作られた革は、コシがありながら滑らかで手に吸い付くような手触り感を併せ持ち、見事な経年変化(エイジング)を見せてくれるのが特徴です。

ブランケットのみならず、ジャケットや色んなモノにもホルダーとして使えちゃいそうですね。

お洒落なアウトドアライフがもっと楽しめちゃうアイテムです。

66しか入手出来ない激レアホルダーです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をキュレーションした人

目次